就職よりもフリーランス?フリーランスになるメリットとデメリット

フリーランス

スポンサーリンク

『フリーランス』と聞くと誰にも囚われず自分で仕事をこなしていく、というイメージを持つ方は多く、それに伴い不安定な仕事のため、自分には向いていないと感じている方もいるかもしれません。

今の会社が自分には向いていなと感じ、転職をしようと考えても、もしかしたらまた同じことを繰り返してしまうと落ち込んでいる方に今回はフリーランスのメリット・デメリットをお伝えします。

メリット・デメリットを踏まえつつ今の自分ではどちらが向いているか考えることも重要です。

メリット:働く場所と時間は自分で決めることができる

働く場所と時間を自分で決めることができるというのは社会人の場合、想像しづらいもしれません。

フリーランスは働く環境を自分で決めることができます。

  1. 自分の働きたい時間を選択できる。
  2. 場所はネット環境さえあればどこでもできる。
  3. 周りのことは気にしないで自分のペースで仕事ができる。

サラリーマンは始業と終業が決まっているため、毎日のサイクルが決まっています。

Aさん

仕事がある日の朝は憂鬱だよぉ。

Bさん

フリーランスは自分で働く時間が調整できるから、仕事はいつやったっていいんだ。

土日を作業日とし、平日は休みとする。こうなると休日の混雑時を避け余計なストレスからも解放されるので満員電車に乗ると病気になるなんて人はフリーランスをおススメします。

国内・海外旅行へ行ったとしても、ネット環境がある場所ならどこでも作業ができます。あなたの理想の働き方を構築してみてください。天気がいい日には外で気持ちよく仕事をするのもいいですね。

メリット:仕事は自分で決めることができる

社会人は仕事を選ぶことはできません。

どんな大変でやりたくない仕事でも、振られればやるのが当たり前ですし、年齢が上がれば、責任ばかり増え仕事の難易度も上がります。

Fさん

そうなんだよ!

責任ばかり取らされてこっちはへとへとだよ。

Bさん

自分の仕事は自分で決めるのがフリーランス。

だから、やったこと以上に自分に責任がふりかかることはないんだ

フリーランスは自分の裁量に合わせて仕事を選べます。基礎を固めたいと考えれば、簡単な仕事を受ければいいし、レベルアップのために少し難易度が高い仕事を受けることもできます。

自分を育てるのは自分次第となり、ゲームの主人公のような気分で成長を実感できることになります。

メリット:わずらわしい人間関係がない

社会人は一番ここで悩まれる方が多いです。

スポンサーリンク

  • 上司との関係
  • 客先の対応
  • 同期との格差
  • 後輩の教育

『仕事』だけしていれば人間関係で悩むことはありません。

しかし、『仕事』は1人で完結することがなく、なにかしらで誰かと関わらないと進まないのが現状です。

人間関係が良好で信頼できる関係であれば、仕事の効率が何倍にもなることもあるでしょう。しかし、関係が悪ければ必ず効率は落ちます。

フリーランスは顔を合わせてなにか打ち合わせをするというのは社会人よりは少なくなります。

そしてフリーランスはフリーランス同志で仕事をするため、お互い配慮しながらの仕事となり、ストレスはかなり緩和される可能性があります。

メリット:収入を増やせるのは自分次第

社会人は1カ月分の給料が決まっています。

残業代で多少のUPはありますが、これを見ている方は恐らくそこを目的にしていないでしょう。

フリーランスは『信用』で仕事が成り立っている部分が多くなります。

一つひとつの仕事をしっかりこなしていくと、段々と受けれる仕事も増えていき単価も高くなっていきます。

自分の最低限生活できるお金を把握し、それ以上働かないという選択肢もあります。

目の前の仕事を相手の要望に合わせこなしていけば、サラリーマン時代の給料を上回り新たな自由な時間を得ることも可能です。

デメリット:モチベーションの管理が重要

仕事をする中で納期は必ずあります。

社会人の場合、ノルマや上司からの催促等で絶対に仕事をやらなければいけない状況にあります。

気分が乗らない日、体調が悪い時でもいつもと同じように仕事をしなければいけないので、社会人は拘束という形で仕事をこなすというモチベーションがある程度保たれています。

しかし、フリーランスにはそういった強制がありません。

人間楽な方へと進んでいく生き物なので「今日は休んであしたやろう」「いや、明後日…」と一度だらけると作業へのモチベーションは一向に上がりません。

自分自身のモチベーションを維持することがフリーランスには大切になってきます。

デメリット:収入が不安定

フリーランスが自分の裁量で収入を上げれると書きましたが、なにもしなければ収入は発生しません。病気やケガ等をした時は収入がストップすることもあります。

体は資本といいますが、まさにその通りの生活を送ることになるのがフリーランスなのです。

そうならないために、収入の柱をいくつか増やしておくことともフリーランスには重要です。

まとめ

今回のことを簡単にまとめると

メリット

  • 働く場所と時間は自分で決めることができる
  • 仕事は自分で決めることができる
  • わずらわしい人間関係がない
  • 収入を増やすのは自分次第

デメリット

  • モチベーションの管理が重要
  • 収入が不安定

フリーランスと聞くと、自由で人生上手く行っているというイメージがあるかもしれませんが、相応のリスクもあることを忘れないで下さい。

この記事で、今すぐ仕事を辞めてフリーランスになれ、ということではなく両方のメリット・デメリットを踏まえて判断をしてほしい。

まずは副業を考えている人は、そこからスタートしていくのも1つの手段です。

今の状況の中でなにが最適かを今一度考えて、今後の自分のライフスタイルを選んでみてください。