LINE@

店舗集客でラインアットをまだ活用していない?今すぐに活用すべき集客ツール

LINE@は現代の店舗集客にとって必要不可欠と言っていい程、無料から使える集客ツールです。なぜラインアットは店舗集客に向いているのか、導入している店舗の紹介も交えて解説していきます。

ラインアットはビジネスの場面で大きく活用されています。ただ、ラインアットがここまで大きく成長した点として”2つ”挙げられます。

現代の主要連絡ツール”LINE”と連携していること

携帯で連絡を取る日本人の8割以上の方がLINEを使ってコミュニケーションを取っています。ひと昔はこれが”メール”であったが、今では前者に取って代わています。

ラインアットはLINE社が提供しているツールで、LINEを使ったマーケティングを行うことができます。ラインアットをいまいち知らない方、機能性についてわからない方はコチラもご覧ください

 

メールを使ったマーケティングで従来は”メルマガ”がありました。メルマガは従来のビジネスを更に効率的に進める画期的なシステムで、今でもビジネス上で使われています。

しかし、連絡の手段がラインの登場で大きく変わったことによってメールの開封率が大幅に下がり、現代の若者にとってのメールボックスはスパムや様々なサイトからのメールが集まるごみ箱に成り代わってきてしまいました。

ラインアットはいわば従来のメルマガと同じで現代のビジネスには画期的なツールです。

主要の連絡ツールと連携させることによって”開封率”はメールの数倍高く必ず相手に見てもらい、アクションを起こしてもらうことができます。

多機能なのにシンプルで簡単に使えること

LINE@は機能性が高く、誰でもわかりやすく使いやすいようにデザインされているため直ぐに導入できることがもう一つの良い点です。

更に基本的な機能が無料である程度使えてしまえるので、「まずは試しに…」と使うことができます。

機械音痴だとしてもLINEが使える人であれば”ラインアット”は扱えるようにできています。

どんなお店で活用しているの?

使いやすさもさることながら機能が充実していることもあり、認証済みアカウントの数だけでも30万店舗が導入をしています。こちらで認証済みアカウントの説明が書かれていますのでご覧ください。

 

様々な企業が導入をしており、特に多いのが飲食店です。次にショッピング・小売店となっており様々な業種の方達がラインアットを使っているのがわかります。

  1. 飲食・レストラン
  2. ショッピング・小売店
  3. 美容・サロン
  4. 生活関連サービス
  5. ファッション
  6. 自動車・バイク
  7. 教育・習い事
  8. 医療機関・診療所
  9. 旅行・エンタメ・レジャー
  10. スポーツ施設・教室

導入店舗

前はそこまで見ることは少なかったですが、今ではそこら中にLINE@へのフォローを促す広告やチラシを見かけます

下は錦糸町のアルカキットというデパートで見かけたLINE@のノベルティですが、あっちこっちに広告が張ってあり、本格的な導入への熱量を感じました。

個人経営の店舗やパチンコ店、イオンモールやデパートでも見かけるので逆に見かけない日が無いです!

マクドナルドでは店舗集客に使うのではなく、アルバイト募集のためにLINE@を扱っています。

「電話で話すのには抵抗が…」
「番号を知られるのはちょっと。」

といった声は昔からあり、メールでのやり取りが行われることは多かったですが、メールだと開封されず返信しても音信不通になることが多くあります。

しかしラインアットを使うことによってそういった悩みは解消され、効率よくアルバイト募集を行うことができますね。

まとめ

ラインアットを使った集客は既に多くの店舗で行われていることがお分かりいただけたでしょうか?

単純なお客様獲得のための集客ツールとして活用するもよし。アルバイト募集などに使っても良し。これから様々な場面でLINE@を使うことが多くなるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク